お金持ちは宝くじを買わない?

私の周りにいる20代から40代の高所得の知人は、宝くじをまったく買いません。

興味もないですし、話題にのぼることもありません。

その理由を、私なりに推測してみました。

 

そもそも当選確率が低いからお金の無駄。

ジャンボ宝くじの当選確率は1000万分の1。

東京ドームの収容人数を4万5000人だとすると、東京ドーム約222個にひしめき合う人の中から1人が選ばれるのと同じ確率とのこと。これは気が遠くなりますね。

交通事故に遭う確率より低く、買ってもほとんどが無駄になることが分かります。

 

「そもそも買わないと当たらないだろう」とも言われますが、買っても当たらないとしたら、300円の商品をわざわざ3000円払って買うわけですから(ジャンボの場合)、ちょっと滑稽な行為とも言えそうです。

胴元が確実に儲かるシステムになっていて割にあわない。

配当率は47%ということで、他のギャンブルに比較すると、還元率が非常に低く、買った人はなかなか儲かりにくいシステムと言えます。

 

これに比べたら、FXはテラ銭が1ドル(120円)あたり0.4銭ですから、同じギャンブル性が高い言われるFXのほうが、よほど健全です。

使いみちはともかく、これほど買い手に不利な商品を買う合理的な理由がない、ということですね。

ではそのテラ銭はどこに行くかというと、基本的には地方自治体が潤う構造になっています。

もちろん地方自治体は地元のためにお金を使うわけですが、社会貢献をしたい、と言う人向けの寄附行為とも言えそうです。

そのほか特殊法人と言われる日本宝くじ協会、自治総合センター、宝くじ事務協議会などにもお金が落ちますが、天下り法人の可能性もあります。

そうだとすると、宝くじを買うことで、他人の給料や退職金のために貢いでいる、と言えなくもありません。

時間の無駄。

時間を投下するとは、人生の一部をそこに投下する行為であり、ひとつの投資とも言えます。

では、宝くじの発売をチェックする時間、買いにいく時間、並ぶ時間、ロトやナンバーズなどで数字を選ぶ時間を考えたとき、いったいどういう投資的意義があるでしょうか?

 

おそらく富裕層にとっては(引退した悠々自適の富裕層ではなく、現役のアクティブ富裕層)、自分ではコントロールできないものに時間を使うのがもったいない、ということのように感じます。

そんなことをする時間があれば、やればやっただけリターンが見込めるビジネスのことを考えたほうがよいということでしょう。

自分の努力や才覚に依存しない夢を見る必要がない。

宝くじを買う行為を指して「夢を買うものだから、ゲームみたいなもの。当選確率とかはどうでもいい」と言われることもあります。

しかしこれは、そんなことでしか夢を見る方法がないという、典型的なお金を稼げない人の発想のような印象を受けます。

 

夢とは本来、自らの努力と才覚で叶えるものであって、棚からぼた餅を待つという行為ではないはず。

それは夢というより「夢想」や「妄想」の類いでしょう。

 

おそらく「普段は満たされない自尊心」「やり場のない不満」「自分の力で切り開くという努力は面倒くさい」「儲かる方法を具体的に考えるのも面倒くさい」という潜在的な逃げと受け身の発想が、「楽して儲けたい」「一発逆転したい」、そんな夢を見たいという欲望を起こさせるのかもしれません。

 

仮にそうだとしたら、富裕層が宝くじに興味がないことが腑に落ちます。

彼らは、自らの行動が未来を作ることを本能的に悟っているので、「お金持ちになる夢を見るヒマがあるなら、お金持ちになるための具体的な行動を起こせばいい。それは運を天に任せる宝くじなどではなく、仕事や起業や投資など、自らの知恵と努力と行動でつかみとることだ」という発想である、ということでしょう。

 

もちろん、誰が何を買おうとそれは本人の自由ですから、他人の買い物やお金の使い道に干渉するつもりは毛頭ありません。

宝くじを買うことの是非を論じているわけではなく、「自分はいったい何を信念にしているかが、日々の消費行動に現れる」ひとつの例として考えさせられます。

 

 

■Take 公式LINE@(理想のライフスタイル通信)

私の周りの成功者の最先端ビジネスや成功者の考え方を無料で配信しております。

LINEでしか言えない話をこっそりしようと思います。

興味のある方お友達追加してコメントください(^^♪

ID検索はこちら
@xsd9891v

お気軽に申請してくださいね^^

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る